犬の椎間板ヘルニア|茅ヶ崎市の動物病院「亀山動物病院」犬・猫・うさぎ・ハムスター・フェレット

亀山動物病院
神奈川県茅ヶ崎市香川2-20-13

  • 0467529067

    診療時間 9:00~12:00 / 16:00~19:00
    休診日  木曜日 (トリミング・販売は営業)

  • お問い合わせ

お知らせ

犬の椎間板ヘルニア

お知らせ 

椎間板ヘルニアは、激しい運動や肥満などによって、さまざまな姿勢や動きを支える椎間板への負担が大きくなったときに、椎間板が損傷して起こる病気です。ダックスやペキニーズ、プードルなどの軟骨異栄養症性犬種では、若い頃から発症しやすい傾向にあります。重症になると神経麻痺(マヒ)が起こり、半身不随になる恐れがあります

主な症状:元気がない・疲れやすい、歩き方がおかしい、立ち上がるのに時間がかかる、足をかばう・引きずる、足を痛がる

 

症状】痛みや神経麻痺による運動失調。排便・排尿困難も

椎間板ヘルニアの症状は、発症部位と進行状態によって様々です。頸部(けいぶ:首のこと)の椎間板ヘルニアでは、頸部の疼痛(とうつう:鋭いまたはじんじんとした痛みのこと)の他、神経麻痺などによって足を引きずるといった症状が見られ、重症になると、自力で立ち上がれなくなり、四肢が完全に麻痺して半身不随や、さらには排便・排尿の困難なども見られることがあります。胸や腰部の椎間板ヘルニアでは、腰から背にかけての疼痛により、背中を触ると痛がったり嫌がったりするようになります。また、後ろ足の麻痺などが起こり、排便・排尿の困難なども見られることがあります。

【原因】激しい運動や骨の老化による椎間板の損傷が原因

椎間板ヘルニアは、激しい運動(全力疾走や段差の上り下り、跳んだり体をねじったりなど)や肥満、骨の老化などで、頭部や胴体の重みを支える脊椎の、特にクッションの役割をする椎間板への負担が大きくなり損傷することによって起こります。椎間板が損傷すると、椎間板内部の髄核(ずいかく:ゲル状の物質のこと)が飛び出して脊髄や脊髄からでる神経を圧迫するようになり、これが麻痺や痛みの原因となります。
椎間板ヘルニアは、ミニチュア・ダックスなどのダックス系やペキニーズ、プードル、シーズー、パグ、ビーグルといった軟骨異栄養症性犬種と呼ばれる犬種に多く見られ、これらの犬種では若齢期(2~7歳頃)から発症する傾向にあります。この他の犬種では、加齢にともない多く見られるようになります。

【治療】症状が軽い場合は内科的治療。重症の場合は外科的治療を

椎間板ヘルニアの症状がまだ軽いうちであれば、薬剤で患部の痛みを抑えレーザーやリハビリ等内科的治療をおこない、ケージのなかでしばらく安静にさせて運動を控えるようにします。このリハビリを行うことがとても重要です。椎間板ヘルニアの約90%がこの治療で治ります。内科的治療後も症状があまり改善しない場合や症状が重度の場合には、外科的治療を行います。外科的治療後はリハビリを行って、神経の機能回復を図ります。リハビリにはさまざまな療法があり、犬の症状によっても異なるため、獣医師と相談しながら行うようにしましょう。

【予防】激しい運動は控え、肥満防止も重要な予防に

椎間板ヘルニアを発症しやすい犬種では、激しい運動はなるべく控えるようにしましょう。フローリングの床であればカーペットなどを敷き、段差をあまり昇り降りさせないようにするなど、なるべく脊椎に負担をかけないようにすることも大切です。また、食事管理を徹底し、肥満防止に努めることも大切な予防です。

「犬の椎間板ヘルニア」のポイント

椎間板ヘルニアとよく似た症状が見られる病気として、骨関節炎(変形性関節症)やリウマチ性関節炎(関節リューマチ)、股関節形成不全、膝蓋骨脱臼、前十字靱帯断裂などがあります。愛犬の歩くしぐさや様子に異変が見られたときは、動物病院の診察を受けることをお勧めします。

ページトップへ戻る