犬の偽妊娠|茅ヶ崎市の動物病院「亀山動物病院」犬・猫・うさぎ・ハムスター・フェレット

亀山動物病院
神奈川県茅ヶ崎市香川2-20-13

  • 0467529067

    診療時間 9:00~12:00 / 16:00~19:00
    休診日  木曜日 (トリミング・販売は営業)
    夜間診療についてはご相談ください。
    詳しくはこちらをご覧ください。

  • お問い合わせ

ブログ

犬の偽妊娠

ブログ 

偽妊娠は、妊娠していないのにお乳が出たり、巣づくりを始めたり、妊娠時と同様の変化が見られることをいいます。このような症状が現れたら偽妊娠が起きていないか疑うようにしましょう。

主な症状 妊娠していないのに乳がでる 妊娠していないのに乳腺が張る

【症状】個体差はあるが、主に乳腺の腫れ、乳汁の分泌など

偽妊娠は、妊娠したのと同様の体や行動の変化が起こる病気です。体や行動の変化は個体差がありますが、主には乳腺が腫れたり、お乳が出始めたりなどがみられます。また、押し入れや人の目が届かないところに巣づくりをする行動が見られることもあります。

【原因】「プロラクチン」と呼ばれる性ホルモンの分泌によって起こる

妊娠していないにもかかわらず妊娠の兆候が見られるのは、犬の妊娠時に分泌される性ホルモンのメカニズムに原因があります。妊娠するとプロゲステロンという妊娠維持に必要な女性ホルモンが分泌されます。メス犬の場合、妊娠していなくてもこのプロゲステロンが活発に分泌されることがあります。そして、プロゲステロンの分泌が低下したころに、プロラクチンという乳腺を刺激するホルモンの分泌が活発になり、その影響で体や行動に変化が起こります。

【治療】多くは治療を行わなくても改善する

偽妊娠の多くは、治療をしなくても治ります。しかし、何度もくり返すようなときは動物病院に相談しましょう。

【予防】予防は難しい。避妊手術が予防法の1つ。

偽妊娠は、メス犬が妊娠可能である限り予防することは困難です。そのため避妊手術が一つの予防法になります。

「犬の偽妊娠」のポイント

偽妊娠か本当の妊娠かは、レントゲンやエコー検査で見分けることができます。どちらか判別がつかない場合は、動物病院へ連れていき検査を受けましょう。

ページトップへ戻る