犬のコクシジウム症|茅ヶ崎市の動物病院「亀山動物病院」犬・猫・うさぎ・ハムスター・フェレット

亀山動物病院
神奈川県茅ヶ崎市香川2-20-13

  • 0467529067

    診療時間 9:00~12:00 / 16:00~19:00
    休診日  木曜日 (トリミング・販売は営業)
    夜間診療についてはご相談ください。
    詳しくはこちらをご覧ください。

  • お問い合わせ

ブログ

犬のコクシジウム症

ブログ 

コクシジウム症は、イソスポラというコクシジウム類に属する原虫の感染によって起こる寄生虫感染症です。幼犬に感染しやすく、おもに下痢や脱水などを引き起こします。

主な症状 下痢をする 体重が落ちる 元気がない・疲れやすい 熱がある 脱水を起こす 食欲がない

【症状】幼犬では下痢や脱水など。成長不良の原因にも

コクシジウム症にかかると、水様性の下痢をします。ときに粘液や血がまじった下痢をすることもあります。下痢にともなって、幼犬では脱水が見られます。特に幼い犬ほど脱水がひどくなり、嘔吐や食欲の低下を生じます。このため成長不良や衰弱が起こることがあります。
成犬では、軟便などが見られるほかは目立った症状が現れません。しかし、他の寄生虫感染により、下痢が悪化することもあり、慢性感染では体重が減少することがあります。

【原因】コウシジウムが犬に寄生することで起こる

コクシジウム症は、コクシジウムが犬に寄生することが原因です。感染した犬のフン便と一緒に排泄されたオーシストと呼ばれる卵型のコクシジウムが、何らかの拍子で犬の口に入ることで感染します。感染犬は症状が回復した後も、しばらくの間はフン便と一緒に病原体を排泄して、他の犬への感染源となります。

【治療】抗コクシジウム剤を投薬する

コクシジウム症の治療には、1回投与するだけで治まる薬があります。通常、1週間で治まります。便検査の結果によっては、もう1回投与することもあります。

脱水を起こしている場合には、その治療も行います。再感染を避けるため、飼育環境の消毒も欠かせません。

【予防】飼育環境を清潔に保ち、健康維持に努める

コクシジウム症の予防として、飼育環境を清潔に保ち、健康を維持することが大切です。他の寄生虫に感染しないようにも注意しましょう。なお、フン便と一緒に排泄されたばかりのコクシジウムのオーシストは未成熟で感染力はありません。フンを放置せず、すぐに回収すれば、感染を予防することができます。

ページトップへ戻る