猫の慢性腎不全

亀山動物病院
神奈川県茅ヶ崎市香川2-20-13

  • 0467529067

    診療時間 9:00~12:00 / 16:00~19:00
    休診日  木曜日 (トリミング・販売は営業)
    夜間診療についてはご相談ください。
    詳しくはこちらをご覧ください。

  • お問い合わせ

ブログ

猫の慢性腎不全

ブログ 

症状 初期症状は多飲多尿。進行すると尿毒症に。

慢性腎不全の主な症状は、多飲多尿(水をよく飲むこととおしっこの量が増えること)で、初期の段階ではこれ以外に目立った症状はありません。しかし、腎臓の機能が次第に低下してくると、多尿にもかかわらず、老廃物や余分な電解質、リンなどミネラル類を尿中に排泄することができず、体内にたまっていきます(尿毒症)。また、水をたくさん飲んでも多尿によって失った水分を補うことができず、脱水を起こしてしまいます。これによって、食欲や元気が低下し、毛づやもなくなってきます。また、嘔吐や下痢、便秘も見られるようになり、体重も減少してきます。

腎臓は尿を作るだけでなく、血圧の調節やせっけっきゅうを産生するホルモンを作る役割もあるため、慢性腎不全が進行してくると、高血圧や貧血に陥り、高血圧に伴う目の症状(網膜剥離、眼底出血、眼球破裂など)や貧血に伴う諸症状(疲れやすい、倦怠など)が現れてくることがあります。

慢性腎不全の末期になると、老廃物の蓄積やミネラル電解質の異常、貧血などが重度となり、痙攣や昏睡状態に陥ることがあります。

 

原因  糸球体腎炎や急性腎不全など、他の病気が引き金に

慢性腎不全には、猫伝染性腹膜炎(FIP)や猫エイズ(猫免疫不全ウイルス感染症)といった種々のウイルス感染や細菌感染がきっかけとなって起こる糸球体腎炎、間質性腎炎、腎盂腎炎といった腎疾患や、先天性の臓異常(多発性嚢胞腎など)、腎臓の腫瘍(リンパ腫、猫白血病ウイルス(FeLV)感染症)などが原因で起こります。

このほか、FLUTD(猫泌尿器症候群:FUS、尿石症)などによる尿路閉塞で急性腎不全を起こし、それがまんっせいじんふぜんに移行する場合があります。しかし、多くの場合、はっきりとした原因を特定することが困難です。

 

治療  できるだけ早く治療を開始して、腎機能低下を抑える

慢性腎不全は、急性腎不全と違い徐々に進行していく病気で、一度発症すれば治ることはありません。慢性腎不全の治療は、その進行をできるだけ抑え、症状を緩和することが目的となり、主に内科治療と食事療法が行われます。内科的治療では、皮下あるいは静脈内点滴で脱水や電解質バランスを補正します。また、降圧剤や高リン血症治療剤、胃粘膜保護材、制吐剤、活性炭、造血ホルモンであるエリスロポイエチンの投与などが症状に応じて行われます。食事療法には、タンパク質やリン、ナトリウムなどが状態に応じて制限されている処方食が用いられます。

 

予防  ワクチン接種や飼育環境の整備をして原因となる病気の予防を

慢性腎不全は、他の病気から引き起こされることがあるため、定期的なワクチン接種や室内飼育の徹底、飼育環境を整え、原因となる病気夫をしっかりと予防することが大切です。また、タンパク質やナトリウムがたくさん含まれている食事を与え続けないよう栄養バランスの良い適切な飼育管理が大切になります。

ページトップへ戻る