リンパ球形質細胞性鼻炎|茅ヶ崎市の動物病院「亀山動物病院」犬・猫・うさぎ・ハムスター・フェレット

           

茅ヶ崎市の亀山動物病院
神奈川県茅ヶ崎市香川2-20-13

  • 0467529067

    診療時間 9:00~12:00 / 16:00~19:00
    休診日  木曜日 (トリミング・販売は営業)
    夜間診療についてはご相談ください。
    詳しくはこちらをご覧ください。

  • お問い合わせ

ブログ

リンパ球形質細胞性鼻炎

ブログ 

国内ではミニチュアダックスに好発しますが、他の犬種にも発生することがあります。

慢性非感染性鼻炎でありますが、二次感染していることが多いです。

明らかな原因は不明ですが、免疫介在性といわれています。

【症状】鼻汁、くしゃみ、逆くしゃみがみられます。著しい鼻出血は伴いませんが、血混じりの鼻汁がみられることがあります。

鼻汁は両側性で、初期は透明(漿液性)でありますが、膿性鼻汁へ変化することもあります。数ヶ月にわたる鼻症候みられます。

通気状況は鼻の閉塞状況によって様々です。抗菌薬に一度反応しても再発する病気です。通常は元気食欲低下などはみられず、一般状態は良好であることが多いです。

【治療】ステロイドが主軸となりますが、状態によってその他の補助療法が用いられます。

ページトップへ戻る