犬のクッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)|茅ヶ崎市の動物病院「亀山動物病院」犬・猫・うさぎ・ハムスター・フェレット

亀山動物病院
神奈川県茅ヶ崎市香川2-20-13

  • 0467529067

    診療時間 9:00~12:00 / 16:00~19:00
    休診日  木曜日 (トリミング・販売は営業)
    夜間診療についてはご相談ください。
    詳しくはこちらをご覧ください。

  • お問い合わせ

ブログ

犬のクッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)

ブログ 

クッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)は、副腎皮質ホルモンが過剰に分泌されることで、様々な症状が引き起こされる病気です。主な症状として、水をたくさん飲む、尿の量が増える、食欲が増す、体重が落ちるなどの症状が現れ、糖尿病を併発することもあります。

主な症状  おしっこの量が増える(尿がたくさん出る) お腹がふくれる体重が落ちる(やせる) 元気がない・疲れやすい 毛が抜ける 水をたくさん飲む 皮膚が薄くなる 食欲が増える

症状】多飲多尿、たくさん食べるのにやせる、毛が抜ける、など

クッシング症候群になると、水をたくさん飲む、おしっこの量が増える、たくさん食べるのにやせていく、全体的に毛がうすくなる、左右対称に毛が抜ける、お腹が膨れるなどの症状が現れます。そのほかジャンプや運動をしたがらない、皮膚がうすくなったり、黒ずんだり、脂っぽくなったりするなどの症状も見られます。避妊していない場合は、発情が止まったりすることがあります。
病気が進行してくると、しだいに元気がなくなり、眠ってばかりいる症状が見られるようにもなります。免疫が低下するため、様々な感染症(皮膚炎、膀胱炎など)にもなりやすくなります。糖尿病を併発することがあり、放置すれば命に関わります。
クッシング症候群はおもに6歳以上の犬に多く見られますが、なかには1歳未満の若齢犬にも見られることもあります。犬種を問わず発症しますが、とくにダックスフンド、プードル、ポメラニアン、ボストン・テリア、ボクサーなどに発症しやすい傾向があります。

【原因】副腎皮質ホルモンが過剰に分泌されることによって起こる

クッシング症候群は、脳下垂体の過形成や腫瘍、副腎皮質にできた腫瘍によって、コルチゾールと呼ばれる副腎皮質ホルモンが過剰に分泌されることが原因で起こります。このほかにアトピー性皮膚炎などの症状を抑えるために長期間あるいは大量のコルチコステロイド剤を使用した場合に、なんらかの事情で、突然投薬をやめてしまうと、その副作用として(医原性の)クッシング症候群を引き起こすことがあります。

【治療】薬物治療が一般的。外科手術や放射線治療を行うことも

クッシング症候群の治療は、一般的には薬物治療が主となりますが、腫瘍によっては外科手術や放射線治療も行われます。

【予防】早期発見・早期治療が重要

クッシング症候群の予防方法はありません。したがって早期発見・早期治療を心がけることが大切です。気になる症状が見られる際には、動物病院の診察を受けるようにしましょう。副腎皮質ホルモン剤の投与を受けている場合は、勝手に飲ませるのを止めたりせず、必ず動物病院に相談するようにしましょう。

ページトップへ戻る