犬の脱毛症|茅ヶ崎市の動物病院「亀山動物病院」犬・猫・うさぎ・ハムスター・フェレット

           

茅ヶ崎市の亀山動物病院
神奈川県茅ヶ崎市香川2-20-13

  • 0467529067

    診療時間 9:00~12:00 / 16:00~19:00
    休診日  木曜日 (トリミング・販売は営業)
    夜間診療についてはご相談ください。
    詳しくはこちらをご覧ください。

  • お問い合わせ

ブログ

犬の脱毛症

ブログ 

犬の脱毛症(抜け毛)

抜け毛には、季節の変わり目に毛(被毛:ひもう)が生え変わるといった生理現象としての抜け毛(換毛)と、アカラス症やクッシング症候群といった病気が原因の抜け毛(脱毛)があります。病気が原因の脱毛では、部分的な脱毛や体全体の被毛が薄くなってきますが、これ以外に皮膚のかゆみや赤み、色素沈着(黒ずみ)などをともなうことがあります。ここでは病気が原因で起こる脱毛(脱毛症)についてご紹介します。

主な症状  かゆがる 毛が抜ける 毛づやが悪い 皮膚が荒れる 皮膚が薄くなる 皮膚が黒くなる 皮膚に発疹(皮膚にぶつぶつができる)
命の危険 【低い】 命に関わる恐れは低いですが、注意が必要です

症状】原因によって脱毛の症状は様々

病気が原因の抜け毛(脱毛症)では、たとえば“10円ハゲ”のように脱毛が局所的に現れるケース、尻尾のつけ根や顔などに部分的に現れるケース、全身に脱毛が見られるケースなど、その原因によって脱毛の程度は様々です。病気によっては、脱毛のほかにかゆみや皮膚の赤みをともなうことがあります。また、かゆみがほとんど見られない状態で脱毛が見られる場合には、ホルモン異常(内分泌性疾患)が原因の可能性もあります。内分泌疾患による脱毛症では左右対称性の脱毛や体全体の被毛が薄くなるといった症状が見られるほか、皮膚がうすくなる、黒ずむ、フケが多くなる、毛づやが悪いといった症状が現れることもあります。
なお、プードルやマルチーズ、ヨークシャー・テリア、シーズー、パピヨンなど、本来、季節的な換毛が少ない犬種に一時に多量の脱毛(抜け毛)が見られる場合は、病気による脱毛症の疑いが高いかもしれません。

【原因】アトピー、ノミ・ダニ類、真菌・細菌、ホルモン異常など

脱毛症(抜け毛)の原因には、アトピー性皮膚炎やノミ・ダニなどの外部寄生虫による皮膚炎(アカラス症・疥癬・ノミアレルギー性皮膚炎・ツメダニ症など)、真菌(カビ)や細菌による感染症(皮膚糸状菌症・(白癬)・膿皮症など)、ホルモン異常(内分泌性疾患)など、様々な原因があります。
アトピーや外部寄生虫、細菌などの感染による脱毛の多くは、かゆみや炎症、発疹をともないます。真菌の場合は10円ハゲのような円形脱毛が見られることもあります。また、内分泌性疾患によるものでは、かゆみがほとんど見られないことがあります。脱毛を生じる内分泌性疾患には、ホルモンの過剰分泌によるクッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)、甲状腺機能低下症などがあります。また、アロペシアX(X脱毛症)と呼ばれる原因不明の脱毛症もあり、これはポメラニアン、チャウチャウ、キースホンドといった北方系の犬種に見られることがあります。また遺伝的な要因が関与しているカラー・ダイリューション脱毛症(CDA:淡色被毛脱毛症)と呼ばれる脱毛症もあり、これは薄色被毛の犬に認められ、ドーベルマン、ミニチュア・ピンシャー、ダックスなどに見られることがあります。

【治療】かゆみや炎症を抑え、原因に応じた治療を

脱毛症は、まず脱毛(抜け毛)の原因をつきとめ、それに応じた治療を行います。アトピー性皮膚炎が原因なら、アレルゲンに接触させないように適切な飼育・管理を心がけ、ステロイド剤や抗アレルギー薬、かゆみの伝達を遮断する薬(アポキル)の投与でかゆみや炎症を抑えます。皮膚のバリア機能を正常にするスキンケアー(皮膚の状態に応じたシャンプー)等も大切です。外部寄生虫の感染が原因なら、かゆみや炎症を抑えながら寄生虫の駆除薬を投与します。皮膚糸状菌症(白癬)が原因なら、抗真菌薬を、細菌感染によるものなら抗生物質を投与します。内分泌性疾患が原因の場合は、その治療を行います。また、原因や皮膚病の症状に応じて、全身の毛を刈ったり、薬浴をおこなったりすることもあります。なお、カラー・ダイリューション脱毛症(CDA:淡色被毛脱毛症)のように遺伝的な要因が関与するような脱毛症では、現在のところ有効な治療法は見つかっていません。

【予防】衛生的・健康的な生活ができるように

脱毛症は様々な原因によって引き起こされるため、特定の予防方法はありません。したがって、脱毛(抜け毛)を引き起こす可能性のある病気にならないよう、衛生的・健康的な生活を整えてあげることが大切です。例えばアレルゲンとの接触や、外部寄生虫との接触機会(野山や草むら立ち入り、野良犬との接触など)を極力避け、食事や生活環境の管理をきっちり行って、愛犬のストレスが少なくなるようにしてあげると良いでしょう。

ページトップへ戻る