犬のネフローゼ絵症候群|茅ヶ崎市の動物病院「亀山動物病院」犬・猫・うさぎ・ハムスター・フェレット

           

茅ヶ崎市の亀山動物病院
神奈川県茅ヶ崎市香川2-20-13

  • 0467529067

    診療時間 9:00~12:00 / 16:00~19:00
    休診日  木曜日 (トリミング・販売は営業)
    夜間診療についてはご相談ください。
    詳しくはこちらをご覧ください。

  • お問い合わせ

ブログ

犬のネフローゼ症候群

ブログ 

ネフローゼ症候群とは、何らかの原因によって腎臓に障害が起こり、尿中に大量の蛋白質が漏れでてしまう病態の総称です。尿中への蛋白喪失(たんぱく尿)の増加から低アルブミン血症(低たんぱく血症)が生じ、これにともない高脂血症(高コレステロール血症)、高血圧、腹水や浮腫といった症状が認められます。

主な症状  お腹がふくれる むくみがある 元気がない・疲れやすい 食欲がない

【症状】初期はたんぱく尿のほかは無症状。進行すると様々な症状が現れる

ネフローゼ症候群になると、初期にはたんぱく尿が見られるほかは、ほとんど無症状です。病態が進行するにつれ、検査では低蛋白(低アルブミン)血症、高脂血症、高血圧、高ナトリウム血症などが認められるようになります。これにともない腹水(お腹が膨れる)や浮腫(肢がむくむ)、下痢や嘔吐、元気消失、食欲不振といった症状が現れてきます。また、血液が固まりやすくなるため、様々なところに血栓ができるやすくなったり、全身の抵抗力が低下し、様々な感染症にかかりやすくなったりもします。

【原因】腎臓病以外にも、糖尿病や腫瘍など様々な病気が原因に

ネフローゼ症候群は、糸球体腎炎といった腎臓の病気だけでなく、全身に影響する様々な病気によっても引き起こされます。例えば、糖尿病やアミロイドーシスといった代謝異常による腎障害、白血病や形質細胞腫といった腫瘍疾患、様々な感染性疾患、腎臓に毒性のある薬剤や毒物の摂取、アレルギーや紅斑性狼瘡といった免疫系疾患などが原因となることがあります。

【治療】原因となっている病気が明らかな場合はその治療を行う

ネフローゼ症候群を引き起こした原因疾患が明らかな場合は、その治療を行います。同時に病態に応じて、ナトリウムやたんぱくを制限した処方食や抗高血圧薬(血管拡張剤)、利尿剤、抗炎症薬や種々の免疫抑制剤が用いられます。また、ネフローゼ症候群では血栓塞栓性疾患を発症することがあるため、運動制限やケージレストでの安静、抗血栓剤投与といった予防的な治療を行うこともあります。

【予防】予防は困難。定期的に尿検査を含めた健康診断を

ネフローゼ症候群は様々な病気が原因で発症するため、予防することは困難です。病気が進行して尿毒症などの重い症状を引き起こす前に、なるべく早期に治療することが大切です。定期的に尿検査を含めた健康診断を受けるようにしましょう。

ページトップへ戻る