犬のアトピー性皮膚炎

亀山動物病院
神奈川県茅ヶ崎市香川2-20-13

  • 0467529067

    診療時間 9:00~12:00 / 16:00~19:00
    休診日  木曜日 (トリミング・販売は営業)

  • お問い合わせ

ブログ

犬のアトピー性皮膚炎

ブログ 

アトピー性皮膚炎の多くは、若齢犬に発症します。主な症状は激しいかゆみや皮膚の赤みなどで、目や口の周り、耳、脇の下、お腹、足の先端などに起こります。慢性化すると、皮膚が荒れて湿疹が見られるようになり、膿皮症や脂漏性皮膚炎などに二次的な皮膚疾患を引き起こします。また、外耳炎や結膜炎などの合併症を引き起こす場合もあります。アトピー性皮膚炎の他に犬のアレルギー性皮膚炎の代表的なものとして、ノミアレルギー性皮膚炎があります。ノミアレルギー性皮膚炎では、背中から腰、尾のつけ根などに、ノミにかまれやすい部位にかけて、脱毛や赤い発疹(ブツブツ)が見られます。

 

アトピー性皮膚炎は、アトピー素因のある犬が。空気中に漂う花粉やハウスダストマイトやカビの胞子などのアレルゲンを吸い込み、それらに体内の免疫が過剰に働くことが原因で起こります。皮膚のバリア機能や保湿力が低下していることも、発症の一つの原因となります。

 

アトピー性皮膚炎の治療は、炎症やかゆみを抑えるための薬物療法が基本となります。同時に保湿をよく行って皮膚のバリア機能を正常化することや、原因となっているアレルゲンとの接触を回避することも大切です。こまめな掃除、シャンプーなどでアレルゲンを少しでも減らすよう、日頃から心がけましょう。

ページトップへ戻る