犬の耳血腫|茅ヶ崎市の動物病院「亀山動物病院」犬・猫・うさぎ・ハムスター・フェレット

亀山動物病院
神奈川県茅ヶ崎市香川2-20-13

  • 0467529067

    診療時間 9:00~12:00 / 16:00~19:00
    休診日  木曜日 (トリミング・販売は営業)
    夜間診療についてはご相談ください。
    詳しくはこちらをご覧ください。

  • お問い合わせ

ブログ

犬の耳血腫

ブログ 

耳血腫は、耳に分泌液や血液がたまることで耳が膨らむ病気です。外耳炎やアトピー性皮膚炎などによる耳のかゆみで、耳を強く引っかいたときや、耳の打撲、ほかの犬に耳を咬まれることなどが原因となります。

主な症状 しきりに耳を掻く 耳が膨らむ

【症状】耳が膨らみ、熱を持ち、痛みやかゆみをともなう

耳血腫になると、耳介(じかい:軟骨と皮膚で形成されたいわゆる耳の部分)に分泌液や血液がたまることで、耳が膨らんだ状態になります。また、膨らんだ耳は熱をもち、痛みやかゆみをともないます。

【原因】外耳炎などで生じるかゆみなどで耳をかいたり、頭を振ることが要因の1つ

耳血腫は様々な要因があると考えられていますが、明確な原因は分かっていません。耳ダニ感染症や外耳炎アトピー性皮膚炎、食物アレルギーなどによって耳にかゆみや痛みが生じて、耳をかいたり頭を強く振ったりすることで血管が破れ、発症することがあります。しかし、耳の病気が特にない場合でも発症することがあります。また、耳を強くぶつけて打撲したり、ほかの犬に咬まれたりしたときにも起こります。また、確かではありませんが、自己免疫性疾患によっても起こるといわれています。

【治療】切開手術や注射などの方法で分泌液や血液を排出させる。

耳血腫の治療方法として、ステロイド剤を耳の膨らんでいるところに注入したり、インターフェロンを注入したりが主流です。まれに、切開手術や耳にパイプを通す方法、注射による吸引などで液を排出した後に、止血や耳洗浄をしてから、液を排出させた穴を縫い合わせてふさがなければならないこともあります。また、炎症を防ぐためにステロイド剤を、細菌感染を防ぐために抗生物質を投与するなどの内科的治療を行うこともあります。再発させないためには、かゆみの元となっている病気の治療が重要です。
なお、治療をせずに放置した場合でも耳の膨らみは治ります。しかし、軟骨が変形や萎縮してしまい耳の形がおかしくなってしまうことがあるので、やはり治療を行う方が望ましいといえます。

【予防】耳のかゆみなどを引き起こす病気を予防する

耳血腫の明確な予防方法はありません。したがって、耳ダニ感染症や外耳炎など耳のトラブルを引き起こす病気を予防するよう心がけましょう。

ページトップへ戻る