犬の膵炎|茅ヶ崎市の動物病院「亀山動物病院」犬・猫・うさぎ・ハムスター・フェレット

           

茅ヶ崎市の亀山動物病院
神奈川県茅ヶ崎市香川2-20-13

  • 0467529067

    診療時間 9:00~12:00 / 16:00~19:00
    休診日  木曜日 (トリミング・販売は営業)
    夜間診療についてはご相談ください。
    詳しくはこちらをご覧ください。

  • お問い合わせ

ブログ

犬の膵炎

ブログ 

膵炎(すい炎、膵臓炎、すい臓炎)は、膵臓が自ら作り出す膵液によって消化されて、炎症を起こす病気です。とくに急性の膵炎では強い腹痛を伴い、犬は背を丸めてお腹を抱えるような姿勢をとったり、後肢をたてたまま胸と前肢を床につけて祈るような姿をとったりすることがあります。

主な症状 下痢をする 元気がない 疲れやすい 吐く 熱がある 脱水を起こす 食欲がない

【症状】急性では発熱、元気や食欲の低下、腰痛など

膵炎の症状は、急性と慢性で異なります。急性膵炎では、発熱や元気・食欲の低下、腹痛、浅速呼吸、嘔吐や下痢、脱水などが現れます。重症の場合には、呼吸困難やショック症状を示すことがあり、命に関わることもあります。慢性膵炎の場合、程度は軽いものの、急性膵炎とよく似た症状を断続的に起こします。
犬種ではミニチュア・プードル、ミニチュア・シュナウザー、コッカー・スパニエル、ウェスティ(ウェスト・ハイランド・ホワイト・テリア)などに発症率が高いといわれています。

【原因】活性化した膵液が膵臓自体を消化することで生じる

膵炎は、中年齢以上の犬での発症が多く、雌での発生が高いです。膵炎は激しい嘔吐がある時や腫瘍や異物などで膵管が閉塞した時、事故などで膵臓を傷つけた時など様々な原因で活性化した膵液が膵臓内に逆流し、膵臓自体を消化することで生じます。この他、クッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)や上皮小体機能亢進症といった病気、ウイルスや寄生虫の感染、ステロイド剤や利尿剤といった薬物の投与、腹部の外傷や手術などが要因となることがあります。また、脂肪分の多い偏った食事を食べている犬や、肥満している犬に発症する傾向があります。

【治療】輸液、制吐剤や鎮痛剤、抗生剤の投与など内科的治療がメイン

膵炎の治療は内科的治療が主で、輸液療法を行うとともに制吐剤や鎮痛剤、抗生剤などの投与を行います。短期間の絶食や経腸チューブによる低脂肪・低たんぱく食などの栄養補給などを行います。また、ショック症状などがみられる場合にはそれに応じた処置がとられます。

【予防】日頃からバランスの良い食事と適度な運動で肥満防止に努める

膵炎を予防するには、栄養バランスのとれた食事を適度に与え、脂肪分の多い食事やおやつを与えないようにします。また、肥満にならないよう日頃から適度な運動と適切な食事内容や回数を心がけることが大切です。

ページトップへ戻る