犬の肺水腫|茅ヶ崎市の動物病院「亀山動物病院」犬・猫・うさぎ・ハムスター・フェレット

           

茅ヶ崎市の亀山動物病院
神奈川県茅ヶ崎市香川2-20-13

  • 0467529067

    診療時間 9:00~12:00 / 16:00~19:00
    休診日  木曜日 (トリミング・販売は営業)
    夜間診療についてはご相談ください。
    詳しくはこちらをご覧ください。

  • お問い合わせ

ブログ

犬の肺水腫

ブログ 

犬の肺水腫

肺水腫は、肺に水がたまった状態のことで、心臓病や肺炎など、ほかの病気が原因となって発症します。肺水腫になると、咳をする、ゼーゼーと呼吸が荒くなる(呼吸困難)などの呼吸症状が現れます。

主な症状 がにまたになる 咳をする 息が荒い(呼吸が苦しそう) 皮膚や粘膜が青白い(チアーゼ)鼻水・くしゃみをする

【症状】咳や息が荒いなどの呼吸症状が現れる

肺水腫になると、咳をする、ゼーゼーと息が荒くなるなどの呼吸症状が現れます。このため、呼吸が少しでも楽なようにと、横になるのではなく、がに股のように前足をつっぱった状態で座ったままでいることが多くなります。重症になると、泡状の鼻水が出る、舌が青紫色になる(チアノーゼ)といった症状が見られます。

【原因】心臓病が原因で起こる心臓性肺水腫が多い

肺水腫は、僧帽弁閉鎖不全などの心臓の障害が原因で起こる心臓性肺水腫と、それ以外の原因で起こる非心臓性肺水腫に分けられますが、犬の場合はほとんどが心臓性です。
心臓性の場合、心臓の働きが悪くなることで、血液の流れが滞り(とどこおり)肺の中に血液成分が漏れ出すことで肺水腫が起こります。非心臓性肺水腫は、心臓以外の病気(肺炎や熱射病、感電事故、低たんぱく血症など)が原因で起こってきます。また、過剰な静脈内点滴によって肺水腫が起こることもあります。

【治療】利尿剤や血管拡張剤で肺にたまった水を排出させる

肺水腫の治療方法として、利尿剤や血管拡張剤を投与して肺にたまった水を血管内に戻し、尿として排出させます。また、肺に酸素を取り込みやすくするため、気管支拡張剤を投与することもあります。同時に原因に応じた治療を行っていきます。

【予防】原因となる病気の早期発見・早期治療が重要

肺水腫は他の病気が原因となって起こります。したがって肺水腫だけを直接的に予防する方法はありません。原因となる病気の早期発見・早期治療が何よりも大切です。上記の症状が見られたら、すぐに動物病院で検査を受けさせましょう。

ページトップへ戻る