犬の甲状腺機能低下症|茅ヶ崎市の動物病院「亀山動物病院」犬・猫・うさぎ・ハムスター・フェレット

           

茅ヶ崎市の亀山動物病院
神奈川県茅ヶ崎市香川2-20-13

  • 0467529067

    診療時間 9:00~12:00 / 16:00~19:00
    休診日  木曜日 (トリミング・販売は営業)
    夜間診療についてはご相談ください。
    詳しくはこちらをご覧ください。

  • お問い合わせ

ブログ

犬の甲状腺機能低下症

ブログ 

甲状腺機能低下症は、体の代謝を活発にする役割をもつ甲状腺ホルモンの分泌量が減少することで起こる病気です。発症すると、元気がなくなる、体重が増える(肥満傾向)、毛が抜ける、皮膚が黒ずむなどの様々な症状が起こります。

主な症状 ぼんやりすることが多い 体重が増える(太る) 元気がない・疲れやすい 寒がる・震える 毛が抜ける 毛づやが悪い

皮膚が黒くなる

【症状】毛が薄くなる、脱毛などの症状の他、元気がなくなる、寒がりになるなど

甲状腺機能低下症になると、皮膚に色々な症状が見られるほかに、全般的に元気が少なくなる、寒がりになる、体重が増える(肥満傾向)といった症状が現れます。後半の症状は、犬が年をとったせいかな、と思われがちで、飼い主に病気と気づかれないことが多いようです。
皮膚の症状としては、毛が薄くなったり、抜けたり(脱毛)、皮膚が乾燥してフケが多くなったり、黒ずんだり厚くなったり(色素沈着と皮膚の肥厚)、感染を繰り返して起こしたり、といったことが認められます。また、全体的に犬の顔が哀しそうに見えてくることもあります。この他、心拍数が遅くなったり、発情が止まったりといった症状が見られることもあります。重篤になると、昏睡に陥ったり、意識障害を起こしたりする場合もあります。
犬種ではゴールデン・レトリーバー、シェルティ(シェットランド・シープドッグ)、柴犬、ダックス、ドーベルマン、ミニチュア・シュナウザー、プードル、ボクサーなどの中・大型犬に多く見られ、小型犬ではあまり見られません。

【原因】免疫介在性甲状腺炎などによって引き起こされる

甲状腺機能低下症は、おもに免疫介在性のリンパ球性甲状腺炎と、特発性甲状腺萎縮によって引き起こされます。この病気の一部には、遺伝的要因の関与が考えられていますが、明らかではありません。また、クッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)などの他の病気が甲状腺ホルモンのはたらきを阻害し、同様の症状を引き起こすことがあります。

【治療】甲状腺ホルモンを投与する

甲状腺機能低下症の治療として、甲状腺ホルモン製剤の投与をおこないます。甲状腺機能低下症になると、他の病気が原因で起こるものを除いては、生涯にわたって治療を続けなくてはいけません。

【予防】早期発見・早期治療を心がけることが重要

甲状腺機能低下症の予防法はありません。したがって早期発見・早期治療を心がけることが大切です。気になる症状が見られる際には、動物病院の診察を受けるようにしましょう。

ページトップへ戻る