犬の膀胱結石|茅ヶ崎市の動物病院「亀山動物病院」犬・猫・うさぎ・ハムスター・フェレット

亀山動物病院
神奈川県茅ヶ崎市香川2-20-13

  • 0467529067

    診療時間 9:00~12:00 / 16:00~19:00
    休診日  木曜日 (トリミング・販売は営業)
    夜間診療についてはご相談ください。
    詳しくはこちらをご覧ください。

  • お問い合わせ

ブログ

犬の膀胱結石

ブログ 

膀胱結石は、その名のとおり膀胱に結石ができる病気で、尿道結石とともに尿路結石症のなかでは一般的に見られるものです。発症すると、排尿困難や血尿などの症状が現れます。多くが細菌性の膀胱炎によって引き起こされます。

【症状】血尿や排尿困難、尿量の減少など

膀胱結石ができると、結石によって膀胱が傷つきピンク色や鮮紅色の尿、あるいはくすんだ赤色をした尿(血尿)が出ることがあります。また、膀胱炎や結石のため尿が出にくくなり排尿姿勢を取る回数が増えるけれど、1回あたりの尿の量が減ります。このほか、尿漏れ、尿の臭いがきつくなるなどの症状が見られます。

【原因】細菌性膀胱炎が最も一般的な要因

膀胱結石の多くは、尿路結石できやすい体質であるところに、様々な要因が加わることが原因で生じます。その要因としては、細菌性膀胱炎が最も一般的です。このほかの要因としては、食事内容や慢性的な水分摂取量の不足、門脈シャントや高カルシウム血症などを起こす病気があります。

【治療】結石の種類や大きさによって治療法が異なる

膀胱結石の治療は、結石の種類や大きさによって異なります。例えば、小さく溶かしやすいと考えられる結石であれば、処方食などによる内科療法を行います。細菌感染を引き起こしている場合は、抗生剤や抗炎症剤を投与します。ただし、溶けにくい種類の結石であったり、大きな結石である場合には、外科手術によって摘出します。

【予防】細菌性膀胱炎の予防が結石の予防につながる

細菌性膀胱炎の予防に努めることが、膀胱結石の予防にもつながります。膀胱炎の症状がみられる場合にはすぐに病院で診察を受けさせましょう。また、結石ができやすい体質の場合は、処方食が有効なこともあります。

ページトップへ戻る