猫の尿道閉塞|茅ヶ崎市の動物病院「亀山動物病院」犬・猫・うさぎ・ハムスター・フェレット

           

茅ヶ崎市の亀山動物病院
神奈川県茅ヶ崎市香川2-20-13

  • 0467529067

    診療時間 9:00~12:00 / 16:00~19:00
    休診日  木曜日 (トリミング・販売は営業)
    夜間診療についてはご相談ください。
    詳しくはこちらをご覧ください。

  • お問い合わせ

ブログ

猫の尿道閉塞

ブログ 

猫の尿道閉塞はよく認められる病気です。雄猫は尿道が細くて長いので多く発生します。

【原因】尿道栓子、尿路結石、尿道狭窄、尿道腫瘍、機能的尿道閉塞、血餅、異物など。

【症状】排尿姿勢を頻回にとるが排尿しづらい、頻尿、血尿、排尿困難、尿滴下、排尿痛、食欲不振、嘔吐、脱水、虚脱など。

【治療】尿道閉塞解除、静脈点滴、酸素吸入、尿路変更術

【予後】閉塞していた時間が短ければ、解除後の予後は良好です。完全閉塞してから長時間経過した場合は、予後不良となる場合があります。早期の診断、治療が必要になる救急疾患です。

ページトップへ戻る