キシリトール中毒|茅ヶ崎市の動物病院「亀山動物病院」犬・猫・うさぎ・ハムスター・フェレット

           

茅ヶ崎市の亀山動物病院
神奈川県茅ヶ崎市香川2-20-13

  • 0467529067

    診療時間 9:00~12:00 / 16:00~19:00
    休診日  木曜日 (トリミング・販売は営業)
    夜間診療についてはご相談ください。
    詳しくはこちらをご覧ください。

  • お問い合わせ

ブログ

キシリトール中毒

ブログ 

ガムなどに含まれるキシリトールを摂取することにより、インスリンが大量に放出し、低血糖になります。また、急性の肝壊死もおこすと、肝不全や血液凝固障害を生じる可能性があります。

【症状】キシリトールは、摂取すると急速に吸収され、摂取後30~60分程度で低血糖による嘔吐、眠気、運動失調が起きます。

低血糖が進行すると虚脱、発作が見られます。

キシリトールガム一粒のキシリトール含有量は製品によって様々です。おおよそ0.3~1.3g/粒となっています。体重1Kgの犬が0.1gのキシリトールを食べると、低血糖になる可能性があります。また、0.5g以上では急性肝壊死を生じる可能性があります。

【治療】低血糖の治療(グルコースの静脈内点滴)、低カリウムや低リンの治療、肝臓の治療など。

ページトップへ戻る