犬の心雑音(僧帽弁閉鎖不全症)|茅ヶ崎市の動物病院「亀山動物病院」犬・猫・うさぎ・ハムスター・フェレット

茅ヶ崎市の亀山動物病院
神奈川県茅ヶ崎市香川2-20-13

  • 0467529067

    診療時間 9:00~12:00 / 16:00~19:00
    休診日  木曜日 (トリミング・販売は営業)

  • お問い合わせ

ブログ

犬の心雑音(僧帽弁閉鎖不全症)

ブログ 

犬の心雑音が聞かれた場合、最も多いのが僧帽弁閉鎖不全症です。僧帽弁閉鎖不全症の最も多い原因が僧帽弁粘液腫様変性です。

僧帽弁粘液腫様変性は、加齢と共に発症・進行する病気で、13歳までに85%の小型犬が罹患するとされています。キャバリアなどは1歳以下でも心雑音が聴取される場合があり、また、心雑音が伴わないものの、心臓超音波検査により5歳以下であっても僧帽弁閉鎖不全が存在する例も報告されています。僧帽弁粘液腫様変性は進行性疾患であることから早期に検出することが重要です。

治療は、米国獣医内科学会(ACVIM)の僧帽弁粘液腫様変性のステージ(A、B1、B2、C、D)に応じておこないます。治療が必須となるのは、ステージB2からです。ステージ分類するには、レントゲン検査・心臓超音波検査が検査が必須ですが、まずは心雑音を早期に聴取することが大切です。心雑音が聴取されたら、レントゲン検査で心臓が拡大(VHS 椎骨心臓サイズ)が、10.5より大きければ、投薬治療が必要です。治療が必要か否かは、レントゲン検査でわかりますが、心臓の状態が詳細にわかるのは、超音波検査です。僧帽弁閉鎖不全症は、進行性疾患なので超音波検査で心臓・弁膜・血流速・逆流速等を詳しく調べていく必要があります。まずは、肺水腫にならないように検査・治療を進めていきます。

ページトップへ戻る